トップページ

水着と使用目的

水着とその使用目的

遊泳用の水着のデザイン・色・模様などは、まさに千差万別ですが、白などの薄い色合いだと、濡れた時に肌が透けて見えてしまうという問題があります。ただし、2000年代ごろから、白でも透けない新素材の水着が登場しています。また、潜水を目的とした水着の中でも、シュノーケリングなどをするためのものには、多くの場合、遊泳用水着が使用されます。一方、スキンダイビングやスクーバダイビングの際は、ウェットスーツやドライスーツの使用されることが多くなります。 次に、ラッシュガードは、主にサーフィンの時に使用されます。こちらは、低温や紫外線、擦過傷、有害生物からの身体保護機能を重視した設計となっています。ラッシュガードは、ウェットスーツの内側に着用することが多く、有害生物の内部への侵入を防ぐべく、伸び縮みしやすく密着度の高い生地が使用されることが多くなります。どちらの性別用のラッシュガードも、ほぼ同じ形態となっています。また、水着の中には、身につけた姿を第3者に見せるためのものも存在します。こうした水着は、1種のファッションアイテムとして使用されるため、水着本来の機能より、デザインや露出度に重きが置かれることが多くなります。 こちらでは、使用目的の違いから水着を分類し、それぞれのアイテムに関するさまざまな情報をお届けしてまいります。遊泳や潜水に使用する水着、ラッシュガード、見せるための水着に興味・関心のある方には、チェックをおすすめします。


■関連サイト■
種類の豊富な水着通販サイトを紹介します。デザインやサイズもうそうですが、水着だけではなく、水着の上に羽織るものや、ショートパンツ、パレオなども豊富です。使用用途に合わせて参考にしてみてください ⇒⇒⇒ 水着 通販サイト